See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揖斐

体育の日、交換した駆動系ならしと称し西方面へ出かけた。
以前ヨシオ君が教えてくれた道を思い出しながら、、、一度だけ後ろをついて走った道だが、絵的に
憶えているもので、迷わずR303に出られ横山ダムへ。
横山ダムではすぐ上流に新しい橋が架けられていて、ダムの上は通れなくなっていた。

木之本方面に向かっていたが、egu君が言ってた道もいいかと、途中で揖斐高原方面に左折。
狭い道を登り、スキー場のてっぺんに出て、また狭い道を下る。
う~ん、、、楽しくないな・・・。(笑)
スキー場を過ぎた辺りで右に二車線の三叉路・・・こりゃ行くしかねえな。。。
先般の雨でと思われる砂の浮いたところが2~3箇所あったが、なかなか気持ちのいいワインディング
じゃ~♪  などと浮かれて走っていると、ありゃ~!一気に道幅は1~1.5車線に。。。。
でもまあ、、、空気はいいし、水はきれいだし、、、トコトコと登ったり下ったり、、、こんなところに
と思う谷間に集落があったり、熊出没の看板があったり・・・。
s-DSC_0040.jpg s-DSC_0057.jpg

結局山道で関が原まで出てしまった。(爆)
R21に出たものの、このまま街を抜けて帰るのもつまらないし、、、県道53を左折し再び揖斐方面に足
を向ける。
走ってると「不破の大滝」なる小さな看板を発見。
行ってみるかとまたまた山に向かって・・・。(笑)
s-DSC_0068.jpg

ここでお昼ちょっと前になり、午後はどこへ行こうかと思いながら走っていたが、何となく気乗りがせず、
帰ることにした。
途中のコーナーでリヤが微妙に流れる・・・一度停まって空気圧をみたが、ゲージがあるわけじゃない
ので手で押さえたり足で蹴ってみたりするが減ってるとは思えず、気にしながらの帰着。
バイク小屋で確認したら、、、あれれ、尖った石が刺さってる、空気圧も0.6kほど落ちてる。
うむ! 帰ってきて大正解だった。 パンク修理道具は携行してるものの、道端での作業は出来れば避
けたいからね。。。(199km)

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。